トータルプロデュース/ステージアップ・コーチ

中村理恵

トータルプロデュース/ステージアップ・コーチ

中村理恵の想い

中村理恵が伝えていきたいこと

2018-01-19

ステージアップ・コーチ

トータルプロデュース

中村理恵です。

 

 

1月前半の怒涛のセッション/コンサルウィークを終え、

そして山場であった某大手経営塾で講師としての1日の講義も終え、

ようやく自分自身のことに集中できる環境になってきました・・・!

 

 

新年から受講生さんの気合いが違うので、みんな新年頭から勢いよくいきたい!

という思いが垣間見えるので、私自身も気合いが入ります・・・!

 

 

今はすごいスキル3期が動いておりますが、3期の受講生さんたちも

残りあと2ヶ月ちょっと!というところまできました・・・!

 

 

それぞれがまだ見えない闇にいた状態だったのが2016年8月くらい。

そこから一つずつ整理して、組み立てて、実行して・・・

 

大変なこともあったと思います。

 

だけど、受講生のみんながそれぞれ「これを実現したい」という想いで

一緒にここまで走ってきました。

 

もちろんみんな成果が出ているし、前に進んでいる。

一つ一つ報告してくれることに私は本当に嬉しくて、

あ〜、講座、やってよかったな・・・っていう風に思っています。

 

 

 

 

成果を出しに行くのって、目標を達成するのって、

やっぱり大変なことだと思うのですよね。

 

だけど、やっぱりそれを乗り越えないと、結果という未来には出会えないのだと思います。

 

 

 

私のところに相談に来る方は、

・他の起業塾、経営塾に行ったけど成果が出なかった

・学びはしたけど、次に何するべきかわからなくなった

・一般的なことは教えてくれるけど詳しいやり方は教えてもらえない

 

というような悩みを抱えて、相談にいらっしゃいます。

 

一つは、受講者さん側の問題。

 

コンサルさんや塾だよりになっていて、自ら動こうとしていない可能性も。

 

もう一つは、コンサルや塾側の問題。

 

正直一般的なことって、グーグル先生に聞いたりとか

本屋さんに売っているノウハウ本に書いてあることが多いんですよね。

 

私のポリシー的に、それをそのままうわべだけ教えるのは

はっきり言ってコンサル側の怠慢だと思っています。

 

私たちサービス提供側は、お客様の成果を取りに行ってなんぼだって

私は強く思っているから、そうやってサボる、ということは

ありえないことなんですよ。

 

 

 

なので、どちらにも責任があると思っています。

 

サービス提供側は怠慢しちゃいけないと私は思うし、

受講者さん側も是非自分の未来を掴み取る!という気持ちで

臨んだ方が絶対楽しいし、うまく行くと思うのです(^^)

(質問する内容とかも変わるだろうし)

 

 

 

なので・・・

 

というわけではありませんが、2018年は受講生さんの成果に

とことん向き合おうと思います。

 

そして、ビジネスも、人間関係も、何もかも・・・

 

本質は一緒なんだよ、ということも、伝え続けていきたい。

 

どうも全部違うとか、それぞれに違ったノウハウだとか

そう言ったことがあるって思われがちですが、

ほんとーにそうじゃないんです。

 

大事なことは一つだけ。

 

 

これも、伝え続けていこうと思います。

 

 

ブログの3倍濃いを言われている無料メール講座では

クローズドなところでしか書けないような情報も配信しています!

ご登録がまだの方はこちらから