トータルプロデュース/ステージアップ・コーチ

中村理恵

トータルプロデュース/ステージアップ・コーチ

ビジネスコラム

成果が2・3倍に!?成果を引き出すために必要な1つのこと

2018-01-04

ステージアップ・コーチ

トータルプロデュース

中村理恵です。

 

 

2018年が始まり、目標を立てたりだとか、もう一度2017年を振り返ったり

いろんなことをして過ごしている人も多いのではないでしょうか。

 

2015年くらいから流行り始めたこのSNS起業という世界。

(因みに私はSNS起業だろうがなんだろうが、使うツールの問題だと思っているので

起業は起業と考えています。)

 

2016年には様々なサービスが流行り、色んな肩書きの方もサービスも増え、

2017年には飽和状態となってきました。

 

2018年はもっと厳しくなると考えていて、いわゆる「本物」だけが

生き残っていく世界になるのではないかと考えています。

 

 

2018年を制する人はどんな人!?

 

いわゆる本物だけが生き残る時代・・・

 

この「本物」という言葉だけを聞くと、じゃあ何が本物なの?

という言葉が返ってきそうですが・・・

 

この「本物」という言葉の定義は難しいですね。

みなさんそれぞれ「本物」に対してのイメージが違いますから。

 

ここからは完全私の見解ですが、私のいう「本物」とは、

物事の表面だけを捉えず、その裏にある事柄や感情など、

様々なことを考慮してビジネスをしている人、人と接することができる人

だと考えています。

 

 

他の方の起業塾や起業コンサルを受けた方が相談に来られるケースが

私には非常に多いのですが、結構皆さん表面だけを説明していたり

捉えていたりするケースが多いのです。

 

例えば・・・

 

理想のお客様を設定して、それをイメージしながらFBやブログを書きましょう!

認知を広げるのには圧倒的にFBが一番です!

メルマガで告知した方がいいですよ!

で、言われた通りに理想のお客様を設定して投稿する

認知を広げるためにFBに投稿する

メルマガを準備して始めてみて、メルマガで告知する。

 

でも、なかなか結果に繋がらないというケースです。

 

例えこのケースで成果につながっていたとしても、なぜこの作業を

やらなければいけないのか?が捉えられていないと、

継続的にうまくいく、ということはできないのですよね。

 

 

成果を出すために大切なのは背景を理解すること

 

こうした方がいいとか、ああやった方がうまくいくとか、

人によって言っていることや伝えていることって様々です。

 

もしこの記事を読んでいるあなたがコーチ/コンサルでサービスを提供する側なら

なぜそれをやる必要があるのか、という理由を伝えることにフォーカスしてほしい。

 

もしこの記事を読んでいるあなたがサービスを受ける側なら

なぜそれをやる必要があるのかを考え、理由を明確にする行為をしてほしい。

 

 

みんなそれぞれ成功体験があったりするからアドバイスというものは

それだけには価値がないというか、信用ならんのです(笑)

なぜなら、その人に当てはまったとしても、

他の人に当てはまるとは限らないからです。

 

じゃあどうするかということが、サブタイトルにもあるように

その事柄の背景を捉えるということになります。

 

 

背景を捉えるとはどういうことか?

 

世の中にはどんな問題がったとしても、事実は一つです。

 

例えば、

FBもアメブロも頑張ってみたんだけど、

目標としている人数集客できなかった。

こんなに頑張っているのになぜ私の講座は人気が出ないのかしら・・・

 

ということがあったとして、ここでの事実は

「頑張っているのに私の講座は人気が出ない」

ではなくて、

「集客ができなかった」

という事実だけです。

 

 

この事実を捉え間違えると違った方向に物事を改善することになり

さらに効果・成果が出ない、なんてことにもなりかねません。

 

例えば・・・

「頑張っているのに私の講座は人気が出ない」

→では人気が出るためにはどうするか?

 

というよくわからない改善案を考え始めてしまうことに。

 

事実の背景を捉えるということは

「集客できなかった」

→何が原因で集客ができなかったのか?

 

というところにフォーカスするということです。

 

 

これは改善する側もそうですが、コーチやコンサルなど、

アドバイスや戦略を立てる方の立場でも一緒で、

事実が何で、なぜそうなったのか?の、なぜ(背景)にフォーカスするから

結果が出ていくのです。

 

恐ろしいことにこの事実が何で、背景を捉えて改善していくという人が

コーチ・コンサルの立場でも非常に少ないのが事実。

 

なんとなくの感覚でやっているのでうまくいかない。

 

でも、逆を言えば、なんとなくやっているところをしっかりやれば

結果が出るということです。

 

ビジネスにおいては感情をそばにおいて事実を見ることが

収益につながる第一歩となりますね(^^)

 

 

無料メール講座では具体的な方法やノウハウ、

考え方、捉え方も超!具体的に書いています。

登録がまだの方はこちらから!

(15,000円分の自分軸を作る動画ワーク付!)