トータルプロデュース/ステージアップ・コーチ

中村理恵

トータルプロデュース/ステージアップ・コーチ

お客様の声 開催レポ

《開催レポ・お客様の声》自己確信を高める旅 スライムキャリア主催 新しい時代の働き方

2018-05-20

こんにちは、中村理恵です。

 

先日熊野の旅の後は主催のスライムキャリアの合宿で

引き続き和歌山(南紀白浜)に滞在しておりました!

 

 


(スライムキャリアのメンバーで古賀の井リゾート&スパに宿泊!)

 

 

スライムキャリアとは:

時代が多様に変化していく中で働き方がどんどん変わっていくことを前提に

「自分」を活かして仲間とともにお金を稼げるようになる

 

をコンセプトに「スライムキャリアの学校」を主催しています。

 

 

働き方の多様化

副業解禁

 

これらが社会紙面やインターネットでどんどん取り上げられて、

これからは一つの仕事に絞られるという方がめづらしくなるような

時代になっていくと思います。

 

 

そんな時に必要なのが、自分のスキルや知識で秀でた部分を活かし

できないところは仲間の力を借りながらチームで仕事をしていく

スーパー最強個人事業主集団になれたらいいな〜なんて思っています(^^)

 

 

 

時代も働き方も変わっても生き残れる力を身につけるために

 

2泊3日の合宿ですが、初日は今までの3ヶ月の講座の復習から

目的意識をしっかりと持ってもらうためにがっつりマインドセットから始まりました。

 


(古賀の井リゾート&スパのスイートを1室借りてスタート!)

 

 

スイートルーム、めちゃ広いし、ビーチが眺められるし、

夕日も見れるし、すごく素敵なお部屋でした〜!

 


(講師の一人である山本真也さん。コピーライター、マーケター、マネジメントで活躍中)

 

 

スイートって・・・すごく居心地いいのですね・・・

 

 

始まる前に講師陣でミーティングをし、どういう事を持って帰ってもらいたいか、

それぞれがただ「楽しかったね!」ではなく、

「課題が見つかり、克服する術もわかり、具体化まで落とし込めている」

という事をゴールにしてほしいと思いました。

 

 

何人かのメンバーは熊野旅行を一緒にしていたので、

楽しい〜!という気分が続いていると思ったので、

実は最初からガツン!と行こう!と事前打ち合わせをしていたのです(笑)

 

 

 

ゴールとマインドセットが全て!時代を生き抜くために必要な力

 

まあそんな感じで少しピリピリムードでスタートした合宿ですが、

基本私たち講師陣はちょっとぶっ飛んでるところがあるので(笑)

その後は結局いつも通り、笑いあり、涙あり(極度の爆笑によるもの)

でも真剣に!それぞれのビジネスに向き合って行きました。

 

 

 

 

以前こちらのブログでも書いたことがあるのですが、

ゴールとマインドセットもそうなんですけど、やはり目標達成する人、

成果を残し続けている人って、それ以外に全体像をしっかりと見た上で

短期、中長期のゴール設定をしているな、としみじみ思ったわけです。

 

 

 

どこに向かうかわからない船に乗るのではなく、

どこに向かうかわかった上での短期、長期戦略。

 

これがないと、途中で嫌になったり、やっぱりやめようか、となったり

諦めてしまう原因になってしまうのですよね。

 

 

そこに情熱があればまだ一時的にへこんだりやりたく無くなったりしても

ある時にまたカムバックできますが、そこに情熱すらないと、

もう帰ってこれなくなっちゃいますからね。

 

 

それを踏まえた上で、ここのスキルを今後どう活かせるか、

どんな主要スキルを持っていて、それを活かすためには

どんな仕事ができるのか、貢献できるのか・・・

 

 

グループ講義と個別のセッション、コンサルでどんどん具体的に

落とし込んで行きました!

 

 

 

もうみんなわかっている!? 肩書き至上主義の終焉

 

起業ブームの波に乗っかっていた人ならわかるかもしれませんが、

2015年中盤から2017年にかけて、キラキラ起業女子、SNS起業などが流行り、

会社員を辞めて「可愛いままで」「好きなことだけをして」などのキーワードを提げて

働き方を変えていく人がどんどん増えました。

 

 

 

新しいことにチャレンジしたいという人が増えて働き方を変えていく時に

起業塾、経営塾、と言われる、いわゆる●●塾のようなものが量産され、

起業塾で学んだ人がさらに自身で起業塾を主催する、という

よくわからない構造ができ始め、2017年に成熟期を迎えるわけです。

 

 

以前は、USPや肩書きという手法が流行っており

(いや、今もそうかもしれませんが・・・)

他とどう差別化するか、というところに重点が置かれていた気がします。

 

 

なので、

●●コーディネーター

●●コンサル

 

これはまだわかりやすいけど、なんかよくわからない横文字を並べた

「あなた何やっている人?」と言われるような肩書きも流行りましたし・・・

 

 

 

 

ちょっとディスっているように聞こえるかもしれませんが、

かくいう私もそういった横文字の肩書きを持っていたうちの一人です(笑)

リーダーズマインドコーチとか、ステージアップコーチとか。笑

 

 

当時はコンセプトや肩書きでこうやって差別化していたのですよね。

と言いつつも、今もそれは続いていると思っていますが。

 

 

 

ただ、もうみんなわかっているんですよね。

差別化しただけでは、USPを作っただけでは、売れないということを。

それも必要ですが、それ「だけ」では戦えない時代に突入しました。

 

 

 

SNS起業は成長期から成熟期へ 飽和するマーケット、お客様の取り合い

 

まあそんな感じで要は成熟期を迎えたわけですが、

2018年に入ってからは起業する!ということで一旦会社を辞めた方も

やっぱり会社員の方がいい!と、働き方を元に戻す、という人も増えたように思います。

 

 

それが悪いのではなく、それも選択肢のうちの一つだよね、と思っています。

なぜなら、これからの時代はいわゆる「本物」しか生き残れない時代だから。

 

 

 

起業業界だけに限った話ではなく、どの業界にいても必ず

流行りがあれば廃りもある・・・というのは避けて通れないんです。

マーケティングの理論でイノベーター理論というのがありますが、

成熟期を迎えた後は衰退期に突入するのですよね。

 

つまり、流行らなくなって潰れていくお店もあれば、

継続して売り上げを上げ続けるお店もあったり、

業態を変えて生き残ったり・・・

 

なのでこの時期に生き残れら人、会社こそ

私は「本物」だな〜なんてつくづく思うわけです。

 

 

 

 

なので、2018年に入ってから、やめる人も多くなったね・・・

あの人見なくなったね・・・

気づいたらあの人、SNSにいない!?

なんてことも多々あったかと思います。

 

 

成熟期を迎えて衰退期に突入した後は、残れる人は限られている。

ものすごく売り上げを上げていた人、カリスマ性がある人、

起業初期からコツコツと頑張ってファンを増やしてきた人、

コミュニティを持っている人・・・

 

 

そういった人は生き残れているように感じますが、

ブームに乗っただけ、という人は(ごめんなさい)

続けることができていないように思います。

 

 

 

 

それでもやっぱり国が副業を推進していたりとか、

テレビ番組でも起業のことが取り上げられる昨今なので

今からでもスタートしたい!という人がたくさんいるのも事実。

そしてこれからも、会社員としてだけでなく働き方を変えたい!

という人はますます増えてくるように思います。

 

 

最近は個人事業主と企業を結びつける、マッチングサイトみたいなものも

できてきていますしね!

 

 

 

これからの時代を生き抜くために必要なのは肩書きに縛られない個人の力・働き方

 

まあ色々述べてきたわけですが・・・

とはいっても私もそうですけど、自分の力を活かして社会に貢献したい、

お客様の力になりたい!と思っている人は多いと思うのです。

 

 

 

 

そうなった時にこの飽和時代をどう生き抜くか?となるわけですが、

生き抜くためには自分自身、納得する、腑に落ちるほどの

自己理解・認識を深めたのちに出てくる確固たる力、スキルを

活かして行くことが大事だと思っています。

 

流行りだから、これしかできないから・・・とかではなく、

私はこれをするべき人、そしてそれでいろんな人の力になれる!

ということが自分自身腑に落ちることが必要かなと思っています。

 

 

それを見つけるためには圧倒的な自己理解が必要なわけですが、

今回このスライムキャリアのプロジェクトを通して

受講生の皆さんにやってきてもらっているのは、

この「自己認識、自己理解」なんです。

 

 

実際に私も根本ではずっと「伝える」ことをしてきました。

なので、強みであって、それを伝えたい!と思えば、

それが仕事になるのですよね。

 

 

 

私の持っている知識、経験、実績、それが確固たる強みであれば

肩書きが変わろうが、分野が変わろうが、全然やっていいと思っています。

 

 

ちなみに私の強みは観察力な訳ですが、それを活かして

「伝える」という仕事をずっとしてきました。

 

 

観察力がベースになっているので、行動心理学や認知科学、

脳科学、量子力学、潜在意識をベースにしたマインドもずっと伝えていますし、

 

そして観察力をベースにしてどう集客してどう売り上げにつなげるか?

ということも強みで得意。ということでプロモーション全般を

伝えるお仕事もしているわけです。

 

 

 

一時期ブームの肩書き至上主義によると、一人一職業まで、

みたいな流れもありましたが、元々のベースの強みが一緒なので

それを活かせるものならできてしまうよね、というのが私たちの新しい考え方。

 

え〜、あの人マインドの人なのに、集客とか教えられるんだ・・・

 

と思う人もいるかもしれませんが、そう思うのは自由。

ただ、本当に一つの肩書き、仕事だけで自分をフル活用できていますか?

機会損失、していないですか???

 

 

 

 

本当はもっともっと、優れた能力や強みがあるのにもかかわらず

私がやっていいのはこれだけ・・・

私がそれをやってはいけない気がする・・・

 

 

なんていう考え方はもう古いというか、非常に柔軟的でないと思うのです。

 

 

まあ一人一職業の方が周りから見てもわかりやすいですけどね。

それがいいならそれでもいいです。

でも、「私・・・こんなもんじゃないはずだ・・・!」と思うのであれば

また違った働き方ができるのではないかと思いますよ(^^)

 

 

 

実際にスライム的生き方をしている人の事例

 

じゃあ他の人はどうやっているの???という事が気になると思いますが

実際に多様な働き方をしている人はすでにおりますし、

自己認識を深めたことにより、自分自身の核となる部分が見つかり

(私たちは主成分と言っています。笑)

これから多様な働き方になりそうな人が多いです。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

藤井さんからの合宿の感想とこれからの展望について

 

・合宿の感想
→自分の強みは何だろう?とそこはかとなく思い続けていた部分が明確になりました。
それを理解するのに必要だったのが自己承認の確かさであり、
「自分」と「自分のこと」はまったく別であり
そこを切り離して俯瞰してみる視点を身に付けることができました。

それにより、不必要に自分がちゃんと自分として動いてはいけない感がぬけ、
今まで見えていたようでまったく見えていなかった、
自分の強み、武器が明確になりました。

 

自分の今までの活動や動きは、合っていたのですが活動の意味と
自分の頭の中が揃っていなかったのを感じました。
今は、頭と行動が揃っているのをかんじており、
これから行うことが全て上手くいくことを確信しています。

 

圧倒的な自己確信は、自分の未来にとっての確信でもあったのだ、と納得しています!

 

自分の強みと主成分
→魅せる・楽しませる
そのバックボーン=分析する

エンターテイナー・パフォーマーというものがどこに紐付いていて、
どのような価値を創り出せるのかも見えました!

・今やっている仕事
→食育トレーナー、ビジネスコンサルタント、エネルギーワーク、振付師、英会話コーチ

・これからやろうとしている仕事
→事業サポート(健康、エネルギーワーク、ビジネスコンサル)

教育研修システム構築と展開

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

Reikoさんからの合宿の感想とこれからの展望

参加して思ったのは場の雰囲気がとても良かったこと。
全員が全員を応援しあって認め合う。だから本音を出せるし弱音も吐ける。
という感じでした。一人でも他の人を下げようとする人がいたら、
あの雰囲気は生まれなかったと思う。

あとガッチガチのスパルタでもなく、程よく爆笑と冗談を取り入れながら(笑)
それでも真剣に取り組めたのが良かったです!
楽しみながらも、そこの場と時間と人を最大限に使って成果を取ろうという気持ちになれました。

 

・主成分『知りたい』
・成分『学ぶ』『移動する』『聞く』『会う』

・今やっている仕事
女性向けのコーチング

・これからやろうとしている仕事
起業家さん・男性
向けの聞き役、相談役

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

この感想はごく一部となりますが、それ以外のメンバーも

かなり確信を得た旅になったようですし、

これから自分自身のゴールに向かっていくマインドセットも

しっかりできました!

 

 

今後もスライムキャリアとしてたくさんの企画をやったり

メディアと使ってメンバーを増やしたり・・・などもしていくと思います。

 

 

今後の情報もお見逃しなくです(^^)